アイルランドワーホリ日記(2022~2023) ~ニート羊は英語で話す夢を見るか?~

アイルランドへワーキングホリデーという名のニートをしに行く羊です。「アイスじゃなくてアイル!」「位置はブリテンの真西! 」を一人でも多くの日本人に浸透させるのが夢ェ〜です。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

 愚羊は経験すら忘れ、4台目のキーボードを買った。

 

 多くの日本人が憂鬱に沈む月曜日、私メェは暇を持て余していた。友達を作るどころか学校にさえ行けぬ。家では自室に隔離状態。オンマスクでの買い出しは許されているため、今日はPenney's(ユニクロ的な服屋)とOPUSⅡ(楽器店)へ買い物へ行った。

 ホームステイ先では、なんと洗濯が週1回しかできない(=してもらえない)。日本で14年間ものぐさ一人暮らしを極めていた私メェでも洗濯は週1.5〜2回ペースで回していたため、こちらへ持ってきていた4日分の衣類では到底このサイクルに太刀打ちできなかった。選択肢は一つ、買い足すことだ。

 

 質は分からないが、値段だけで言えばユニクロより若干安めの価格設定だった。たまに、なんでこれがこの値段で、こっちがこの値段なのか?というバグも存在するが、庶民の強い味方として幅広い層から人気を博しているらしい。

 

 次に向かったのが、メインストリートにある楽器店OPUSⅡ。

引用:Google Maps

 セールになっていたカシオのキーボードCT-S300を購入した。本体、電源アダプタ、譜面台、スタンドのセットで€170ポッキリ。日本では20,900円で売られている事から、まあまあいい買い物をした方ではないだろうか(円安とはいえ)。島村楽器の限定モデルとのことで、紆余曲折あって日本に来たであろうに、日本人が購入してしまって申し訳ない。だってYAMAHAのキーボは高かったんだもん!HAHAHA。

 

 家に持ち帰るまでが遠足なので、梱包は全てバラしてもらって、生身のキーボとスタンドを担いで持って帰った。血迷って88鍵を買わなくてよかったと心から思った。玄関先にいたマザーにOh, Crazy...と言われた。ワイトもそう思います。

 

 隔離部屋に持ち込んで早速試し弾き。タッチレスポンスがついてるのが嬉しい。サステインをボタンでONする機能があったためペダルは買わなかったが、演奏しているとやはりペダルが欲しくなる。

設置完了

 キーボードを自腹で買うのは、18歳の時に上京してからこれで4度目の経験になる。私メェは大学時代〜社会人時代にかけてバンドをやっていたのだが、本業はエレキベースのため、キーボードはあくまでお遊び用(ライブでは使わない)で毎回2万円程度の安価なモデルを購入するのだが引っ越しに際して持ち運びが苦になり、安物だったし…と廃棄してはまた新しい引っ越し先で必要になって購入する、という業を繰り返している。今回も、どう考えても日本にお持ち帰りできないのでこちらで譲渡か破棄することになるのは目に見えているのだが…。とりあえずここ数日は退屈しなくてすみそうだ、と目先のことしか考えない愚の骨頂である。

 

 アイルランドに来てからあまり酒を飲んでいない。日本にいた時の方がギネスの消費量が多かった。早く元気になって酒を飲みにいきたい。東京住まいの方にオススメのギネスの飲めるパブは、中野タラの丘(ギネスの泡が本当にウマい)、高田馬場2nd Half(フィッシュ&チップス激ウマ)、高円寺クルーラカーン(シェーパーズパイ激ウマ)です。

 

 では前々回?くらいのクイズの答えを発表する。

 1. take over = take controll → The company was taken over by its rival.

 2. take up = start a hobby → I've decided to take up an active hobby.

 3. take to = start to like → I take to learning English.

 4. take down = remove → I took down  all the pictures in the room.

 5. take out = start to subscription → I might take out Spotify.

 6. take off = become popular → The pizza shop took off.

でした!みなさん火曜日もご安全に!