アイルランドワーホリ日記(2022~2023) ~ニート羊は英語で話す夢を見るか?~

アイルランドへワーキングホリデーという名のニートをしに行く羊です。「アイスじゃなくてアイル!」「位置はブリテンの真西! 」を一人でも多くの日本人に浸透させるのが夢ェ〜です。

現地の携帯キャリアに架空請求されそうになった話


 …羊の貯金残高はゼロよ!

 

 突然だが、私メェは日本ではp○voというsimプランを日本で使用していた。回し者というほどではないが、基本利用料0円で電話番号を入手できることから大変お世話になっていた。(大抵の通話はLI○EやZ○OM等のアプリケーションに頼るため、ダイヤル回線を活用するシーンはセキュリティコードの通知SMSを受け取るくらいだった)

 

 しかしこのpov○は海外では全く使用できないサービスだ。これ自体は以前から把握していたのだが、海外で電話を使用する機会は日本よりも少ないだろうと考え、基本使用量もタダなのでアカウントロックされない限りは適当に残しておこうと放っておいた。

 

 が、しかし、危機は意外にも早くやってきた。まずは三井○友カードの例の嗅覚が良すぎる不正利用検知である。私メェの生命線であるメインのクレジットカードは、ドバイでココアを買ったことを機に止められてしまった。(たった500円程度で止めないでクレヨン。)その際SMSが飛ぶのだがp○voは海外非対応のため届かない。クレジットカード編はまた後日詳しく書こうと思うが、結論から言うと三○住友カードに関しては詰みだ。今は三菱○FJカードに臨時で助けてもらっている。(ただしもうすぐ有効期限が切れるぞ!)これが最初の関門というか突破できなかった壁だ。不抜。

 

 そして第二関門それは、ファザーからの電話番号教えて攻撃だ。ファザーはもう還暦越えで、おそらくそこまでデジタルデバイスに強くない。キャリア通話じゃなくて他の道を提案することは私メェの英語力的な問題もあり途方もなく困難な道に思えた。これをきっかけに、私メェは現地で電話番号を取得することを強く決心した。

 

 ネットで検索をかけ、いくつかのキャリアを調べてみる。正直どっこいどっこいだったが、vodaf○neは実際にステイ先の回線にも使用されているし、私メェも中学のころお世話になっていた経験があり、28dayの€20プランにesimで申し込んだ。(同じキャリア同士の通話は無制限/10GB)さすがesimだけあって即発行&WEBサイトの個人ページから€20をトップアップし、電話番号と10GBのパケットが解禁された。毎月€20は想定外の出費だが仕方がない。すぐにファザーに電話番号を教え、ついでにwhats○ppのアカウントを作り、自体は収束したかのように思えた。

 

 そしてコロナ陽性が出た日の夜…。

 

 v○dafoneから不吉な一通のSMSが届く。

Your revised bill is now available to view.  Your Total balance due is €304.17 and is due for payment on 02 Oct 2022. Please log on to https://vodafone.ie/static/app.html?link=bill&medium=sms for details. Thank you.

Your recised bill is now available to view.

請求書が閲覧可能になりました。

Your Total balane due is €304.17 and is due for payment on 02 Oct 2022.

利用合計金額は€304.17です。支払期限2022年10月02日までにお支払いください。

 

??????

 

?????????

 

??????????????

 

え、架空請求

 

 だがしかし、SMSは間違いなくvod○foneからのもので(開通時と同じ電話番号から着信)間違いなく私メェの電話番号宛に届いているのだが、こちとら€20のクソザコトップアップしかしていない弱小顧客である。しかも支払期限が早すぎるし何をもって10/2に設定されているのかも謎だ。頭がぐるぐるしながらも、まずはWEBサイト上のマイページで利用状況を確認した。サイト上では間違いなく€20のトップアップのみだった。その後、voda○oneのQAを読みまくったり自動応答チャットにありったけの語句を突っ込んでみたり、SMS本文ごと検索エンジンに叩き込んだりしてみたが、全く原因の見当がつかない。英語が得意な日本の友人たちに翻訳し直してもらっても、やはり文面上は€304.17を請求されていることに変わりはなかった。ちなみにアプリへの誘導URLは日本のappleSt○reからじゃアクセスできない。(国設定を変えてみたりしたのだが未だにうまくいかず研究中である。)

 

 さすがに困り果てたが、額が額だけに泣き寝入りはしたくない。私メェは最終奥義【現地の日本人に訊く】を発動した。

 

羊:ごめん、なんかv○daから意⭐︎味⭐︎不⭐︎明なSMSがきてさ、これなんだけど…。

神:あー!これね!我も昔に経験済み!前にこの番号を使ってた人へのリマインダが残っちゃってただけだから、気にしなくて大丈夫〜〜。WEBのマイページで通知されてる情報が真実だよ〜〜。我の場合は前使ってた人が死んじゃったっぽくってさー、その時は物理simだったから誤解を解くのがややこしくて大変だったよ〜〜。

 

マジか。esimでよかった。

 

 日本の市場においても近年は電話番号が枯渇していて、できる限り使い回す風潮があったので、アイルランドでそれが起きていても確かにおかしくない。丁寧にやるならば、前任者の今回の支払後から番号を他に移すべきだったと思うけれども、おそらく解約した瞬間その番号が"空き"状態となって、新たに契約できるようになってしまう単純明快アルゴリズムなのであろう。(エラーが少なそうでいいね!)€304.17も、家族全員分と家のネット代も含めて誰かがまとめて払っていたと考えればあり得る範囲の通信代だし、マイページ上で履歴がないのであれば私の元に実際に請求が来ることはない…か…。一旦は安堵し、ひとまず運命の10月02日まで静観することにした。

 

 現地の日本人という神の存在は…これほどまでに…大きいのか…。彼らの啓示は私メェがきちんとブログに記すゆえ、これから渡航予定の皆様はぜひ参考にしていただければと思う。毎日のトラップが多くてかなりヤバいぜ!風が吹けばfallin'...  なぜ羊はせっかく買った新しいキーボードでpretenderを弾いているのか?日本のPOPが恋しいぜ〜〜〜!(日本語をなるべく聞かないようにインストと洋楽ばっか聴いてた羊)

 

 明日はいよいよ2回目の抗原検査を受ける日だ。これで陰性が出れば木曜から学校復帰である。体調はもはや清々しいほどにバッチリだ。明日に備えて今日は早めに寝よう。最近12時間近く寝ているが逆に大丈夫だろうか。

 

 そろそろ曜日感覚と日付感覚がなくなってきましたが、多分明日は水曜日!みなさんノー残業デーもご安全に!

食べ放題のクッキー