アイルランドワーホリ日記(2022~2023) ~ニート羊は英語で話す夢を見るか?~

アイルランドへワーキングホリデーという名のニートをしに行く羊です。「アイスじゃなくてアイル!」「位置はブリテンの真西! 」を一人でも多くの日本人に浸透させるのが夢ェ〜です。

眠らない都市アイルランド(パブ紹介Vol.01)

 アイルランドの夜は長い。というのも、中心街にはそんな要る??というほどのさまざまなパブがあるからだ。というわけで、本日は羊が今までにお邪魔した、ゴールウェイ(日本でいう大阪ポジ)のパブについて紹介しようと思う。

 

①The Dail Bar

The Dail Bar

 ミドルストリートの一番奥にあるパブ。テーブル数が多く、フードの種類も豊富なため、昼〜夕方は家族連れや老夫婦などにも人気。外には喫煙可能の立ち飲み席が4〜5テーブルほど。一人飲みのできるカウンターもあり、とオールラウンドなパブだ。

 フードに力が入っていて、上記は本日の魚料理。€15ほど。一人では食べきれないほどの量なので、フードを楽しみたいのであれば、3〜4人くらいで行くのが良いだろう。フードの注文はカウンター外のホールスタッフにオーダーする決まりらしい。ドリンクはカウンター内のスタッフでも受け付けてくれる。テーブルやカウンターで飲む場合はまとめてテーブル会計。外に持っていく場合はキャッシュオン。

 この日はダブリンから仕事で来ていたおじさんが話しかけてくれ、拙い英語だったが会話と食事を楽しんだ。

→The Dail Barの公式サイトはこちら

 

②The Quays Bar and Restaurant

 その名の通り、キーストリートの中程にあるパブ。マリア様のような謎少女の像が目印だ。外席もそれなりにスペースがあるのだが、店内も想像以上に広く、入口近くのカウンターエリア、ステージ前のテーブルエリア、ステージ右に少し奥まったテーブルエリア、ステージ左に半個室のテーブルエリア、と何人で行っても問題なく飲める広さになっている。

 PA卓やミニアンプ付きのステージがあり、毎晩何かしらのライブが楽しめる。私メェお邪魔したときは上記の通り、ギター、フィドルウッドベースといった羊好みの編成だった。アイリッシュだったりそうじゃない国のフォークソングをメインに演奏していて、観客も酒を飲んだり踊ったりと各々の過ごし方で演奏を楽しんでいた。この日は食事は取らなかったが、ギネスとスミズィック(発音がむずい)の値段はパイント€5.75。多少割高だが質の高い演奏を楽しめるオマケがつくと思えば十分アリである。

→The Quays Bar and Restaurantの公式サイトはこちら

 

③Thirteen On The Green

Thirteen On The Green

 エアスクエアの一角にあるアクセスの良いパブ。カウンターとカウンター前のテーブル席と、カウンター奥に大人数でも入れるテーブル席のエリアがある。ここの強みは何と言ってもビールが安いこと。ギネスは何と€5で楽しめる。その他、食事メニューも充実しているが、①のDail  Barと同じくサイズが大きい点には注意したい。ちなみにこの店で初めて年確を受けた。31歳と伝えたが信じてもらえず語学学校の学生証に救われた。

 ここでは毎週月曜日と火曜日に、一般席でアイリッシュトラッド(伝統音楽)のセッションがおこなわれている。もちろんチャージは無し。私メェのように聞き入っている客もいれば、バックミュージックにして談笑している客もいるので、ライブ形式のパブより気軽に音楽を楽しめるだろう。(セッションはアンプを通さないため音がそんなに大きくない。)夜が更けていくにつれて若者の団体は去り、代わりに地元の老夫婦らしき人たちが増えて雰囲気が落ち着いてくるのも印象的だった。

Thirteen On The GreenのFacebookはこちら

 

④The Kings Head

The Kings Head

 おそらくゴールウェイで一番有名であろう老舗のパブ。飲み専門のバーエリアと、食事も楽しめるレストランエリアに分かれている点が特徴だ。店内は洞窟のような作りになっていてまるで盗賊のアジトのよう。上の写真は二階席のもの。土曜の夜にお邪魔したのだがどこも超満員で、店の複雑な作りも相まって空きテーブルを探すのも一苦労だ。

 一階のステージ前はダンスフロアになっており、主に若者たちが夜通し踊り狂っている。曲目も洋楽のスタンダードナンバーが中心で、皆のボルテージも最高潮といったところだろうか。賑やかな場所が好きな方におすすめしたい。(陰キャ羊は完全に置いてかれていた)

The Kings Headの公式サイトはこちら

 

 というわけで、今回は今までお邪魔したパブをご紹介させていただいた。これらはメインストリートに近い目立つパブなので、今後は路地裏にひっそり佇む大人なパブやバーも見つけていきたい所存である。今気になっているのはココ。

 チーズとワインとか、美味しくないわけないよね!一階がチーズ屋さん。二階がそのチーズ屋さんが経営しているワインバーとのことだ。

 

 ゴールウェイの夜は今日も更けていく…。先週飲みまくりで勉学が疎かになっているので、今週は休肝しつつ大人しくしていようと思います。みなさん、火曜日もご安全に!